1940’s『SETH THORMAS』 SCHOOL CLOCK

どうもJENCOです。

今日は周り中でイベントの嵐。
静かな週末となっております。20621155_1391968657583647_5817379459055635368_nこんな事件の被害者となってしまいましたが
落ち込むこともなくスプレーもさっと落とし営業中です。
ちょっとアメリカっぽいなどと一瞬テンション上がったくらいです(笑)

さて、本日も商品紹介をしていきたいと思います。

1940’s『SETH THORMAS』 SCHOOL CLOCK170804_051
オークの無垢のフレームにやれた文字盤が
良い雰囲気のスクールクロック。
こちらもかなり古い年代のもので
文字盤プリントは水性。
うっかり洗浄すると大変なことになります。
昔一回やったことがあります。
文字盤が真っ白になってしまいました。
濡れ拭きも厳禁です。
ファッて消えますから。ファッて。170804_054  SETH THOMAS社製。
50年代以降はサンバーストクロックで有名です。
他と違ったサンバーストを作っているイメージです。
170804_055
文字盤に多少のプリント剥がれがあります。
その他の部分は特に問題のある場所はなくフレームも
汚れ落としから塗装、WAXとフルコースで行っておりますので
ツヤも出て小傷も消え非常に良い雰囲気です。170804_052
この厚みのあるフレームが良いですね。
オークの木目も美しいです。

ドシッとした存在感のある時計。
サイズもそこそこ目立つサイズです。
リビングや広い空間向きですね。
店舗なんかも良いと思います。

壁を飾ると楽しいですよ。
まず時計から。
オススメです。

20620905_1392200687560444_3933505905503788496_n本日のJENCOはオレンジの人です。
最近、上下一色がマイブームで止まりません。
誰か早く注意してください。

明日は朝から友人とバイクでちょこっと走りに行きます。
楽しみでしょうがありません。
寝坊しないように気をつけよう。

ではまた次回。

1930’s 『HAMMOND SYNCHRONOUS』KITCHIN CLOCK

どうもJENCOです。

今日も暑い。外で長時間活動される方は水分補給など
十分にお気をつけください。

今日も商品の紹介をしていこうと思います。
またもや大変珍しい時計を一つ。

1930’s 『HAMMOND SYNCHRONOUS』KITCHIN CLOCK170804_045
HAMOND CLOCK COMPANYの古い社名
HAMOND SYNCHRONOUS表記の30年代頃のキッチンクロックです。
コンディションも極上です。
数字のフォントが可愛らしい。

HAMOND CLOCK COMPANYとしてはこちらの時計が有名です。

1940’S 『POSTAL TELEGRAPH』 SCHOOL CLOCK117202373
POSTAL TELEGRAPHのスクールクロック。
正式な社名よりもこの名前の方が知れ渡っています。
POSTAL と付くことから郵便局の時計を作っていたようです。
こちらは先日 SOLD OUT となりました。ありがとうございました。
この年代よりも古いものです。貴重です。

サイズは小さくなっていますが構造はほぼ同じでリペアしていて
ちょっとテンション上がりました。
手抜きなし。小さくても安っぽさなど微塵も感じません。
170804_047
ロゴマークもシッカリハッキリ残っています。
針も全てオリジナルを加工し使用しています。170804_050
裏面も裏蓋はリペアの際に外されることが多いのですが
カッコイイプレートが付いているのでなんとか残そうと
試行錯誤し残すことに成功しました。170804_049
アンティーク屋だったら、このプレートはやはり残したいですよ。

赤いフレームがインテリアの差し色としても使えますし、
サイズも小ぶりですので使う場所も選びません。
ここまで古い年代の時計で女性からの支持が多いのも稀です。170804_046
小さめの時計を探している方にもオススメです。
スクールクロック型の小さな時計です。
見やすさも抜群。
ぜひ、現物を店頭にてご確認ください。

では、また次回。

1940’s『BLOVA』 SCHOOL CLOCK

どうもJENCOです。

定休日明けの本日。
また新たな気持ちで頑張るぞ〜といつも思う日。
しかし、すでに暑さでまいってしまいそうです・・。

さて、本日も朝一から新商品の更新をしておりました。
13点、新商品をHPに更新しました。

中から一つご紹介します。

1940’s『BLOVA』 SCHOOL CLOCK170804_063
非常に珍しいスクールクロックです。
スクエアの無垢のオークフレームに三日月の秒針。
オリジナルの針を使用し仕上げました。
正確に時を刻んでおります。
フレームに厚みがありますので置いて使うこともできます。170804_068
扉に札が付いておりましてパタンと倒すことができます。
ハイ、パタン。170804_069
面白いディティールです。
ディーラーが説明していましたが
時計を作っている現場で
この時計の時間に作った時計の時間を合わせる。
「MASTER CLOCK」 だと。
170804_065
ロゴマークもしっかりと残っています。
文字盤も多少は傷がありますがこの年代のものとしては
キレイな方です。
三日月の秒針もしっかりと加工し取り付けてあります。170804_070
扉の側面にボタンがあり押しながら扉を開けます。170804_071
開けることはほぼありませんがこれも面白いディティールです。
壁に掛けたまま扉を開ける時は注意をお願いします。
扉のガラスが重たいので扉を開けるとフレームが傾きます。
焦って落としてしまわないように
フレームをおさえて扉を開けてください。
できれば掛けたまま扉は開けない方が良いかと思います。170804_072
扉の内側にプレートが取り付けられております。
真鍮エンボスのプレートはこれだけでも興奮するかっこよさです。
非常に嬉しいポイントですね。

アンティークの商品は40年代から極端に少なくなります。
状態が良いものも一気に少なくなります。
こちらはその少ない個体数の中でも
状態の良いものだと思います。
探して見つけられるものでもありませんので
見つけた時に手に入れておかないと
逃すと次回はいつになるか全く読めません。
通算10年になる私のアンティークショップ歴の中でも
手に入れたのはたったの2コです。

気になる方はお早めがよろしいかと思います。

では、また次回。

170804_064

本日もサンバースト。

どうもJENCOです。

どうやら富山県もついに梅雨明けしたらしいと
大家さんから情報が。
いよいよ完全に夏の始まりですね。DSC_1875
私の食べるおにぎりをジッと見つめるJIMMY。
あげませんけど。

さて、本日もHPに新商品を更新しました。
紹介していきますね。

1950’s 『ELGIN』 SUNBURST CLOCK170802_011
昨日紹介したものとよく似ていますがちょっと文字盤が違います。170802_012
文字盤の中心から放射状に溝が入っております。
小さな違いではありますがこれだけでも違った印象になりますよね。170802_014
多少の錆や傷がありますが価値を損なうほどではありません。170802_016バースト部分にも錆はあります。
なかなか錆一つないものはVINTAGEでは見つかりません。
雰囲気として考えていただけると幸いです。

1950’s 『SETH THOMAS』 SUNBURST CLOCK170802_001
こちらは花のようなデザインのサンバーストクロック。
アイアンのブラックとくすんだゴールドのバランスがいい雰囲気ですね。170802_002文字盤はくすんでいますがプリントはハッキリと残っています。
中央の模様も素敵ですね。
シャビーシックな空間とすごく相性が良いので
植物と合わせて使うとより雰囲気を出せると思いますよ。

1950’s SUNBURST CLOCK170802_006
やっぱりこの辺りのデザインが好きですね。
昨日も紹介しましたが引き算のデザインですね。
カッコイイ。170802_008こちらも多少錆などありますが気になるほどではありません。
アメリカ本国でも人気のサンバーストクロック。
買い付けでも集めるのが非常に大変です。
僕が販売している価格よりも高く売ってることもよくあります。
なんとか数を毎回集めるのに必死です。

またどんどん紹介していきますので楽しみにしていてください。

明日は定休日となります。
次のJOURNALはサンバースト以外も紹介したいと思います。

では、また次回に。

お久しぶりです。

どうもJENCOです。

かなりHP、JOURNAL共にほったらかしにしてしまいました。
申し訳ありません。

また本日から8月が始まりましたし、
気持ちを新たにこちらも更新していきたいと思います。20292890_1379769258803587_7288184613045970120_n
新商品が入荷してから1ヶ月ほど経ちました。
新たに届いた商品たちのリペアも進み、
店内の壁を埋め尽くす時計たちもほぼ全てが
入れ替わるほどになりました。
20374499_1380812338699279_5497901775733160512_n
時計を吊り変え壁を一新。
近日中に店内什器の配置換えも予定しておりますので
ガラッと変わったJENCOを近日中にお披露目できると思います。

画像のように品薄だったSUNBURST CLOCK が
たくさん店頭にお目見えしております。
ご紹介前に旅立ったものもありますが
相変わらず動きの早い時計です。

では、本日HPに更新した商品をご紹介していきたいと思います。

1950’s 『ELGIN』 SUNBURST CLOCK
170801_012
ゴールドとブラックのコンビのサンバーストクロック
サンバーストといえばのELGIN社製。170801_013
エンボスの文字盤で奥行きがありこの年代の文字盤は良いですね。170801_016
多少の錆や傷はありますが気になるほどではありませんよ。

1950’s 『ROXHAL』 SUNBURST CLOCK170801_006これは珍しいデザインですね。
ドイツ製のサンバーストクロックです。
メーカーはROXHAL社
アメリカものとはやはり一味違いますね。
花のようなデザインと木のパーツが良いですね。
170801_007
文字盤はよく似たものがアメリカものでもあります。
風防がパカッと開きます。
ハイ、パカッと。
170801_008
手巻きだった時の名残ですね。
電池式のムーブメントに交換してありますので使用していて
開けることはもうほぼありません。
かなり個人的にも気に入っているサンバーストクロックです。

1950’s 『WELBY』 SUNBURST CLOCK
170801_001
今回の入荷で一番個人的に気に入っているのがこのデザイン。
実に50’Sしているデザインでミッドセンチュリーモダンの雰囲気。
170801_002
文字盤もドットマークのみで数字を使ってないタイプ。
これがシンプルですが主張があって好きなんですよね。
170801_004
放射状にワイヤーを効果的に配して
サンバーストを見事に表現しています。
こんな引き算のデザインにすごく惹かれます。
プラスするデザインは誰でも出来ますが
既存の形から何かをマイナスして成立させることができるのが
優れたデザイナーだと僕は勝手に思っています。
それがこのサンバーストですね。
潔さがカッコイイ。

こんな感じでひさしぶりにみなさまとここでお会いできました。
また時間を作ってなるべく登場しますので
その時はお付き合いしてくださいませ。

20596951_1385964124850767_7785375880008007527_nJOURNALではお初になります。
いつも寝てますが私の愛猫JIMMYです。
去年の12月に迷子のところを保護し家族になりました。
すでに店主よりも人気者です。
こちらもJENCO共々よろしくお願いします。

ではまた次回。

新商品到着!!

どうもJENCOです。

IMG_5173ようやく新商品が届きました。
首を長くして待っておりました。
今か今かとお待ちのお客様。
お待たせしました。

IMG_5175
とりあえず倉庫にねじ込み、
今日持ってこれる分を車に積み込み出勤しました。
リペアしながら店頭に並べていきます。
IMG_5182
これからドンドン店の中を変化させていきます。

JENCO第2章の始まりです。

今の僕の思うアンティークの提案です。
お時間のある時に覗いてください。
お待ちしております。